×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

ネクタイピンはダサい?

最近は、若年層を中心にネクタイピンを着ける方が減少しています。オジサンっぽいとか邪魔くさいというのが主な理由のようです。会社でもネクタイピンを着けることが義務付けられていないことも理由の1つです。しかし、ネクタイピンは自己主張しにくいスーツでおしゃれ度をアピールできる小物ではないでしょうか。また、結構実用的です。タイピンをしないと前傾姿勢のときにネクタイが邪魔となって仕事がはかどりません。ネクタイピンの活用をお勧めしたいと思います。ネクタイピンで実用的であって、おしゃれでもあるものを求めるなら、一流ブランドのネクタイピンがお勧めです。ブランド品でなくても飾りに動物やアニメキャラ、ミニスポーツ用具などがついているものがありますが、これはお勧めできません。社会人として恥ずかしい場面が多いと思われます。グッチ、エルメス、ダンヒル、バーバリー、ポールスミスなどの一流ブランドのネクタイピンは、シンプルなものでもセンスが光ります。やはり一流のネクタイピンをもとめるのが良いでしょう。どうでしょう?ネクタイピンをどこに着けるかで悩まれている方が意外に多いようです。ネクタイピンに特に決まった着け方というのはありません。ネクタイの大剣、小剣を含めてワイシャツの合わせの部分にはさみ込むのが通常です。大剣の長さの中心から少し下の部分の位置にネクタイピンを着けます。脱落防止のボタンフックがついているものは、ネクタイピンをつけた位置から一番近い上のボタンにかけるようにします。色々と印象の良い位置を試してみてください。

スポンサード リンク

ブランド品がお薦めの理由

ネクタイピンは、タイピンともいいます。ネクタイピンにはタイタック・タイクリップ・タイバーなどがあります。ネクタイにピンを刺したり、クリップのようにネクタイを挟むものなどです。ネクタイを留める反対側は飾りがついていることが多いです。ゴールドのネクタイピン、シルバーのネクタイピン、ダイヤモンドや真珠つきのネクタイピンなどもあります。ミッキーマウスや、ドナルドダックなどのかわいいネクタイピンもあります。昨今は、ネクタイピンを着ける方が少なくなっています。特に若い世代の方は、ネクタイピンを着けない傾向にあります。イメージ的にオジサンっぽいからだそうです。加えてネクタイピンの管理が邪魔くさいこともあるのかもしれません。仕事場の方でもネクタイは着用が義務付けていても、ネクタイピン着用を義務付けているところは少ないようです。しかし、ネクタイピンがないと前傾姿勢のときに、ネクタイが邪魔になります。シュレッダーにネクタイが引き込まれた方もあるようです。さらに大事なのは、ネクタイピンを着けていると身なりがきちっとして見えることです。ネクタイピンをもっと活用するのが良いのではないでしょうか。ネクタイピンで実用的であって、おしゃれでもあるものを求めるなら、一流ブランドのネクタイピンがお勧めです。ブランド品でなくても飾りに動物やアニメキャラ、ミニスポーツ用具などがついているものがありますが、これはお勧めできません。社会人として恥ずかしい場面が多いと思われます。グッチ、エルメス、ダンヒル、バーバリー、ポールスミスなどの一流ブランドのネクタイピンは、シンプルなものでもセンスが光ります。やはり一流のネクタイピンをもとめるのが良いでしょう。ついでにですが、ネクタイピンの着ける位置はどこが良いのでしょうか。ネクタイピンの着ける位置についての決まりは特にありませんが、ちょうどみぞおちのあたりでネクタイピンを留めるときれいに見えます。他にもスーツの第1ボタンのやや下に着けることを薦める方やおへそより少し上につけることを薦める方も居られます。大体どれも同じぐらいの位置になると思われます。結局、人それぞれなのでいり色々とネクタイピンの位置を試してみて、友人・同僚の方に見てもらうと良いでしょう。

付け方で印象は変わる

ネクタイピン(またはタイピンとも)は、ネクタイにつけて用いる留め具のことです。宝石や真珠等の飾りがついたおしゃれなアクセサリーとしても利用されています。ネクタイピンとは、元々はネクタイにピンを刺すものを言います。長い棒状で一方の端が尖り、ネクタイに刺して留めるタイプのものです。加えて、クリップのようにネクタイを挟むタイプのものもまとめてネクタイピンということが多いです。ネクタイ留めとして、ネクタイをクリップのように挟みこんで使用するものを本来はタイバーと呼びます。ネクタイピンを着ける方が減少しているようです。会社の方でもネクタイはともかく、ネクタイピンまで着用を指導しているところは少ないようです。どうやらカッコ悪いということで、若年層の方に不人気なようです。しかし、おしゃれなネクタイピンもありますし、前傾姿勢になったときなどに邪魔になるネクタイを留めてくれるなど実用的でもあると思います。身なりも引き締まりますし、ネクタイピンを見直してみては、いかがでしょうか。ネクタイピンを購入するなら、やはり一流のものが素敵です。日本では、エルメスやダンヒル、ポールスミスのネクタイピンなどが人気があります。他にもブルガリやグッチ、ティファニーなども多くの一流ブランドのネクタイピンが発売されています。ブランド物のネクタイピンは高価ですが、ネットで探すと激安で売っているお店もありますので、チェックしてみると良いかもしれません。ブランドネクタイピンは、本当に見栄えが良いですね。どうでしょう?ネクタイピンをどこに着けるかで悩まれている方が意外に多いようです。ネクタイピンに特に決まった着け方というのはありません。ネクタイの大剣、小剣を含めてワイシャツの合わせの部分にはさみ込むのが通常です。大剣の長さの中心から少し下の部分の位置にネクタイピンを着けます。脱落防止のボタンフックがついているものは、ネクタイピンをつけた位置から一番近い上のボタンにかけるようにします。色々と印象の良い位置を試してみてください。

Copyright © 2008 ネクタイピンにこだわろう